2010/04/22

アークテリクス製カメラストラップ?


「こんなものがあった良いなぁ」と・・・思うと自分で作ってしまう性格。

カメラストラップを、アークテリクスがハーネスに使っている【WST】(Warp Strengt Technorogy)テクノロジーで作ってみたら・・・と、贅沢にハーネスを分解して部品取り、完成させたのがコレだ。


アークテリクスのWSTテクノロジーとは、縦糸(Warp)だけでウエビングの強度を保つ製法。ウエビングの幅を決定する横糸は、ベルトとしての体裁を整えるために使用され、強度は縦糸が担っているのだそうだ。

そこで横糸を抜いてしまい、残った縦糸だけを幅広に配置して、直接フォーム材でラミネートしてしまう。通常はウエビングにパッドを縫いつけるが、厚みと重量が増えかさばり、荷重を均一に分散させることが難しい。
この製法ならば、ビックリするほど軽量で、荷重を分散させることができる。

さて、この世界でひとつしかないアークテリクスのカメラストラップ、実際にフィールドで使ってみた。

結果は、まだまだ改良の余地有り!   残念!!!

2 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

アークの1ファンです。素晴らしい!贅沢なアイディアですけど、是非自分のカメラ用のほしいものです。

Kogai Tetsuo さんのコメント...

アークファンさん こんにちは

先日、本社の海外セールス担当の方に会いましたが、その時にこのストラップを見てもらいました。

ホームページの写真を撮っているスタッフはアークテリスクのカメラバッグを作ってテストしているなど、カメラ関係の話しで盛り上がりました。

いつの日か、アークテリクスのカメラバッグやアクセサリーが登場したら素晴らしいですね!