2010/10/02

三種の神器 大容量バッテリー/USB充電器/熊撃退スプレー


今回のユーコン行。前半は悪天候に悩まされた。夜間に決まって降る雨は、時には雹や雪になった。日中は曇り空、時折雨雲がやってくる。

準備万端のソーラーパネルも、こんな状況では出番が少ない。と言うより、常に移動し続けているため、ソーラーパネルを広げている時間がない。

そこで役に立ったのは直前に導入したEnergizer XP18000(エナジャイザー・エックスピー 18000)だ。合わせて、GPSのバッテリー用に用意したエネループ用のUSB充電器の組み合わせは完璧だった。

夜、テントの中で充電しておけば翌朝には使用できる。重量は約515gなので、携帯も苦にならない。

デジカメ用バッテリーの充電もできるようになれば、万々歳なのだ!

右に写っているのは、熊撃退スプレー。今回の旅では、肌身離さず常に携帯していた。夜、テントの中で直ぐに使えるようにケースから出して・・・それなりの緊張感を味わっていました。

2 件のコメント:

EXPEDIMENT さんのコメント...

命を守る道具とはいえ、このスプレー高いんですよね!
私も以前、リアルに熊注意のところで完全一人でテント泊した際に、風の音なのか判別意出来ないガサゴソする音にビビリながら「発炎筒」を枕元において一晩あかした事がありました。

Kogai Tetsuo さんのコメント...

特に今年は山にドングリが少ないようで、熊の出没情報が多いようです。

店頭で購入すれば、北米でも50ドルほどします。それでも日本での値段は高いように感じますね。

弱みにつけ込んだような値付けはどうかと思いますが、必要な人は買うしかない。

テント内には食料は持ち込まない。これが鉄則です。