2012/07/30

Time to fly ! -Hoka One One(ホカ・オネ・オネ)-


この不格好なシューズは、フランスのHoka One Oneというトレイルランニングシューズを作るメーカーのもの。

Hoka One One(ホカ・オネ・オネ) の意味は、ニュージーランドのマオリ族の言語でTime to Flyと言う意味がある。(チョットパラグライダーっぽいけど)

まさに空を飛ぶかの如く、野山を駆け降りるために生まれたシューズなのだ。


ソールの厚さは最大で約6.5cm

このぶ厚いソールが接地時の下肢に掛かる衝撃を軽減、トレイルランニングでは特に下り坂で効果を発揮してくれる。

履き心地は厚くて幅のあるソールに足全体がスッポリと収まり、広いソール面が地面を確実にグリップしてくれる。

このフワフワ感と安定性は衝撃的だ!

一見重たそうに見えるけど、僕のサイズ(42)で片足380gしかないからダブルの驚きだ。



初めて見にしたのは昨年(2011年)開催されたエックスアルプスの時、フランスの選手が使っていた。

当初は「不格好でダサイなぁ」と思っていたが、なぜかずうっと気になっていた。

いろいろ調べたところやっと名前が分かった。

そしたら日本で既に売っていた!

国内ではICIがトレイルランニング用を5モデル輸入しているが、フランスではロード/トレイル/ハイキング/ウォーキング用など25モデルも揃っている。

僕が手に入れたのは、Mauna Kea(マウナケア)というウオータープルーフのハイキング用。

フランスのパラグライダーメーカーが扱っているので、お願いして送ってもらったものだ。


全部のモデルが日本でも手にはいるようになればいいのに。


ホームページ Hoka One One

0 件のコメント: