2012/01/11

遅まきながら映画『127時間』を見た-サードマン現象-


年末に読んだ ジョン・ガイガー著の「THE tHIRD MAN FACTOR」(邦題:軌跡の生還へ導く人 極限状況の「サードマン現象」)。

冒険家や探検家が極限状態に感じる気配の話しなのだが、この本の中に昨年公開された映画『127時間』(原題: 127 HOURS)の話しが出てくる。

岩に挟まれた腕を自分で切断して生還するという物語で、これは実話。

前々から見てみたいと思っていたので、アマゾンでDVDを注文。

翌々日に届いたので、早速拝見!

エグイシーンを想像していたので少しだけ気が重かったったのだが、軽快なテンポでかなり面白い! (物語の大半が腕を挟まれて動けないシーンなのに、全く飽きさせないのが凄い)


物語のクライマックス。

気を失いそうな激痛に耐えながら骨を体重で砕き、右腕を切断する場面で、子どもが彼を見守っている。

そしてエンディングに向かうのだけど、あの子どもは誰だったのだろう・・・と疑問が残った。


購入したDVDには特典が付いていて、公開されなかった別編集の物語が収録されている。

その中で本人が誰だったのかを語るシーンが出てきて、僕の疑問は解決した。

このシーンがなぜカットされたのか・・・。なければないで、子どもの存在は全体の中で薄められ、気にする人はそれ程いないかもしれない。

もし、このカットが入っていたら・・・物語が完璧すぎる。

でも、これは実話なのだ。

0 件のコメント: