2010/07/02

エレメントのO2センサー故障-走行距離141200km-


購入から6年と3ヶ月、走行距離が141200kmを越えたエレメント、だいぶ中古価格も下がったが、生息数も減ってきている。

先日、エンジン警告灯が点灯したので、念のためにディラーでチェックし「O2センサー異常」と判断された。もし誤動作の場合、新しいデータ(?)を読み込ませれば警告灯が消えることがあるとのこと。その作業をお願いしたが、エンジンを始動して動き始めたら再点灯してしまった。

やむなく部品を注文して帰宅した。


故障したのはこの部品、O2センダー(パーツNo:36532-PZD-A01)で価格は19,425円。アメリカでは147ドルくらい、こんな小さなパーツなのに意外と高い。


ついでにバッテリーの充電状態をチェックしてもらった。結果は要交換。

先週、取材で時間調整のためにエンジンを止めて30分ほどテレビを見ていた。待ち合わせの時間が近づいたので、エンジンを始動しようとしたがウンともスンとも言わない。バッテリーが上がってしまった。

コンビニの駐車場だったので、直ぐ近くにいた方に事情を話して協力を仰いだ。何という偶然、その方はバッテリー会社の方(何という偶然!)で、直ぐに新品のバッテリーを持ってきてくれた。ケーブルを繋いでエンジン始動で難を逃れた。翌々考えてみれば、今のバッテリーはもう4年半も使っているので寿命とも言える。

ところで、エレメントのバッテリー(55B24LS)は端子が太い(D端子)特別なバッテリーで量販店には売っていない。価格は17,640円。一般的な細い端子(B端子)にアダプターを被せる方法もあるが、いまいち閉まりにくく悪く外れてしまう可能性もある。

そこでアメリカ製のオプティマ(YT-80B24LS)を思い出してネットで検索、定価23,625円で純正品との価格差は約6,000円。実はこのバッテリーは5年前に使用していたが、ある日突然充電不能になった。その時は販売店で事情を話し不良品と判明し返金され、その後販売中止になっていた。

現行モデルは対策済みの製品で、突然死の心配はもうない。ネットで検索して17,048円を発見、送料を入れてもほぼ同じ価格で高性能バッテリーが手に入る。使用感も良かったので必要経費ということで注文した。

それにしても、エレメント購入後ノントラブルで来ていただけに、O2センサー故障、そしてバッテリー寿命、タイヤ交換と痛い出費が続いている。

2 件のコメント:

EXPEDIMENT さんのコメント...

O2センサー!
小貝さんも!笑!
コチラは80000kmで出て本日交換!

Kogai Tetsuo さんのコメント...

こんにちは

そうなんですよ!
「2万円は高いね~」と話してから僅か2週間。痛い出費です。

オプティマバッテリーは、今日明日中に到着予定です。