2009/04/16

Red bull X-Alps 2009 -ひょんな事から-

Red bull X-Alpsのスポンサー、SUUNTOの映像

この夏、ひょんな事から「レッドブル X-Alps」というパラグライダーのレースにサポート役で参加することに。世界中から選抜された30名のアスリートが制限時間20日でザルツブルグをスタートし、直線距離818km先のモナコを目指す。移動はパラグライダーか徒歩、走りのみの過酷なレース。

最初のゴール者がでると自動的に48時間以内にレースは終了する。前回2007年は、30名中僅か5人しかゴールできなかった。その最後のゴールが扇沢郁さん、日本人だ。ヨーロッパ以外の人間には圧倒的に不利な条件のなか、誰もが驚いた。

彼の活躍により、今回2人目の日本人が参加することになった。松原正幸選手。詳細は「レッドブルエックスアルプス2009」のホームページを!

スタートまで93日、準備は着々と進んでいるが、未解決な難題も山積。


植村直己さんが残した言葉を思い出している。

0 件のコメント: