2008/10/30

清流にサーモンを発見! -熊の足跡に超ビビる-


ユーコン準州からアメリカのボーダーを過ぎ、アラスカ州へ。暫く走ると河原にハクトウワシを見つけ、2時間ほど撮影を満喫。
何気なく川を覗いて、ビックリ。清流にサーモンがワンサカいるじゃありませんか!

もっと近くから撮りたい。河原に降りるには、3mほどの段差を降りなければならない。当然、道はない。三脚を担ぎブッシュをかき分け、湿地を飛び越え、道なき道の中に歩きやすそうなルートを見つけながら河原に出た。
河原から見るとハクトウワシが止まっていた木は、もっと立派に見える。違うアングルから撮影できるゾ・・・呑気なことを考えながら。


河原に出て、三脚を立てるために足元に目をやった。
そこには、何と熊の足跡! たった今、自分が歩いて来た方向に向かっている。それも湯気が出るほど新鮮だ。

折角ここまで来たのだからサーモンを・・・強気で数歩進んだが、思いとどまった。まだ初日、ここでアクシデントはご免だ。
声を出しながら、早足で来た道を戻った。そう、それは「熊の道」だったのだ。



数時間後。ヘインズ郊外のチルクート川に僕はいた。ラッキーなことに、直ぐに河原を歩くグリズリーベアーを発見。車で先回りして、三脚をセットして撮影したのがこの一枚。


車というシェルターが近くにあるから安心だが、山中で予告なしに対面するのはご免だ!

0 件のコメント: