2008/07/03

スカイスポーツ、それともマリンスポーツ


2000年頃からヨーロッパを中心に流行し始めたカイトボーディング。大きなタコの揚力を利用して、短いボードで海上を疾走する。カイトのパワーゾーンをコントロールすることで、ビッグジャンプもできてしまう。マリンスポーツの要素に、3次元の世界を導入したニュースポーツだ。

国内にも直ぐに紹介されて、ジワジワと愛好者を増やしている。海での目立ち度はピカいち、しかし細く長いラインの先にカイトがあるので、海水浴場などの密集しているエリアではチョット厳しい。上級者になれば海上を自在に疾走し、10mのビックジャンプもできる。

興味がある方はスクールに入るのが一番近道。神奈川県でカイトボーディングやスノーカイトスクールも運営しているエックスフライ、千葉県君津でカイトボーディングやパラモーター/パラグライダースクールを運営しているエンジェル・ジップがお薦めだ。

埃っぽい山のスポーツと違って、水着姿の女性が眩しいマリンスポーツ。海に行くと、なぜか開放的な気持ちになってくるから不思議だ。特別に楽しい思い出がある訳じゃないが・・・。
サーフィンも含め本当に好きな人は、冬にも海に入るそうだ。最近はドライスーツなるものが主流のようで、冷たい水に体を浸すことなく快適にできるとか。人気が少なくなった海こそ、自由に飛べる最高のシーズンなのかも知れない。そんな冬のために、始めるならば今しかない。

0 件のコメント: