2009/02/12

極北の足は自家用飛行機 -羨ましい~!-


何とも不思議な色彩。ノースウエスト準州の東部には、ひとっこ一人いない原野が広がる。大小様々な湖から水たまりまで、自然の障害物が行く手を阻む。

冬期ならばスノーモービルを使えるが、それ以外の季節では水上飛行機に頼ることになる。一昨年ホワイトフィッシュ湖畔に迎えに来てくれた水上飛行機は、途中、湖に着水。木陰に隠してあった燃料タンクから給油した後、再び飛び立った。そんな芸当ができるのも、鍛えられたブッシュパイロットのなせる技だ。

http://www.panoramio.com/photo/18862012

イエローナイフの旧市街。フト振り返って湖畔を眺めると、家から伸びる桟橋に繋がれているのは、ボートならぬ水上飛行機。何とも羨ましい光景だ。

リンクをクリックすると、撮影場所をグーグルアースでチェックできるが、一番奥の黄色の飛行機が駐機しているのが確認できる。

<関連ブログ>

0 件のコメント: