2010/03/20

東京で本物の広島の味 -広島焼き ソニア-


先日、新橋の裏道を歩いていると広島焼きのお店を見つけた。こんなところにコアなお店・・・と前を通り過ぎると、後ろから僕を呼ぶ声が。振り返ると、待ち合わせの相手が、その店から出てきた。

広島出身の彼が「東京のお母さん」と慕うお店、その店が広島焼きのソニア(港区新橋5-15-1)だ。

仕事を終えて、遅いランチは勿論ソニアへ。頂いたのは、肉たっぷりスペシャル(1200円)。ごちゃ混ぜにする東京のお好み焼きとは、大違い。もちろん「ペロリ!」と頂きました。


漢字やひらがなの店名が多い中で、カタカナの店名は個性的。今から数十年前、広島に行った折り、「お好み村」という場所に行ったことがある。4階建てのビルに、お好みやばかりが入っている。

遠き記憶が甦る。最上階まで上がって入ったお店は、お好み焼きを連想できない変な店名で、やたら元気のいいおばさんが仕切っていた。

そのおばさんが今、目の前にいる。広島のお店は息子さんに託し、東京で勝負に出たのだとか!

昼はランチメニューもあり、夜は広島県人のたまり場になる。東京にある広島を体験してみたい方は、どうぞ!

スタッフのお兄さんが来ていた赤いTシャツの胸には、「トーキョーカープ」の文字、洒落てます。

0 件のコメント: