2009/01/27

北の大地、ユーコンの色 -2008年9月-


クロンダイクハイウエイを走ってホワイトホースから282km、ペリー川を渡る大きな橋がある町がPelly Crossingだ。 元々は先住民のキャンプ地だった場所が、後に町として発展した。

橋を渡ると長い坂道を上っていく。坂の上からは、町が一望できる。訪れた9月。黄色く色付いた木々が絵画のような景色を見せてくれた。



ドーソンシティシティの南に広がるゴールドフィールドは、かって砂金の発掘で賑わった。約96kmのボナンザクリークロードのほぼ中間地点、キングスソロモンドームは1240mほどの小さなピークだ。

11/30のブログで紹介したのが、その場所の写真。

足元を写したのが、この写真。赤、白、緑、黄色、様々な色が混ざり合っている。繊細で優しい感触。フカフカの大地に立つと、とても不思議な感覚が込み上げてくる。

0 件のコメント: