2010/01/30

そして、翌日もオーロラ予報は"0"


昨日はオーロラ予報"0"で見たオーロラの話しだったが、翌日の1月4日もオーロラ予報は"0"だった。朝になればツクトヤクツクを離れる最後の晩、頻繁に窓の外を見ながら、夜空をチェックしていた。

この時の様子は、1月5日のブログ 「アイスロード オープン! -ホワイトホースへ- 」で書いている。

ISO200、15秒、E-3+ZUIKO DIGITALED 14-35mm F2.0 SWDの黄金の組み合わせで撮影。この日もオーロラは北の方角に現れた。
冷たい強風で巻き上げられた雪煙のお陰で、地平線がぼやけている。

凄まじい寒さで、この場所で撮影を続けることはできなかった。

追記
さらに翌日も"0"にも関わらず、オーロラは現れた。その時の写真は、2010/01/27のブログ「小動物の視線で見たオーロラ」で紹介したものだ。
行けば必ず見られるとは限らない。だからオーロラは難しくもあり、楽しくもある。

0 件のコメント: