2008/12/20

変幻自在、最強の2トップ誕生? -OLYMPUS E-3 & E-30-

12月20日、 いよいよオリンパスE-30の発売開始。我が家にも<レンズキット>がやって来た。これが、かなりイケテル!
店頭で手にとっても実感できるが、じっくりチェックしていると、さらにそう思えてくる。

気になったのが背面。液晶の中心とファインダーの中心が同じ線上に揃っているので、非常に落ち着きがよい。それから、再生時に使用するボタンの機能表示はE-420/520同様ブルーの表示、E-30でも「カラーユニバーサルデザイン認証」も受けている。

一番興味がある機能が、多重露出。コマ数は2枚から4枚まで選べるが、ボタンひとつで簡単に呼び出せないのでFnボタンに登録できると良いと思った・・・。

しかし、全く違うシーンを重ねないとこの機能の魅力は引き出せない。実際の場面を考えてみると、RAWで撮影後、カメラ内で合成することが多くなるだろう。

E-30は、日常持ち歩いてそんな題材を集めるカメラ。全く新しいカメラの遊び方だ。


2枚目、3枚目は、試しにPC上に写真を表示して、E-30の多重露出と編集機能を使って練習してみた。
単体で撮影する写真とは違い、「重ねるためのバランス」を考慮して撮影することが重要。その為には、どんなイメージで仕上げたいかを自分の中に持っている必要がある。
オリジナルの画像、早く仕上げてみたいと思う。

予定通りならば1年後。E-3とE-30がグルグルと回って「ちびくろサンボ」の様に混ざってしまうと、次期E-3が誕生!?

いやいや、更なるパフォーマンスを搭載か、果たしてどんな奴が登場するのか?
(E-30登場でも、E-3が僕のメインであることは変わらない。E-3の2トップ、E-30は超攻撃的なミッドフィルダー、この布陣が僕のスタイルだ。)

0 件のコメント: