2008/12/28

微笑みの人面石発見! -三重県三重郡菰野町-


取材で地方に行くと、必ず滝を見に行く。マイナスイオンを全身に浴びれば、心も体もリフレッシュできる。

ということもあるが、名爆といわれるいわゆる観光地以外ならば、殆ど人がいないので静かな雰囲気が楽しめる。

11月の紅葉シーズン、三重県三重郡菰野町。この日も、午後いちで蒼滝を訪れた。湯の山温泉や御在所ロープウエイは多くの観光客が溢れているが、奥まった蒼滝はシーズン終了で閑散としている。

蒼滝と紹介しながら、写真は滝壺の写真で失礼。


蒼滝で暫し時間を過ごし、来た道を戻り始めた。

ふと誰かの視線を感じて振り返ると、真っ赤な石が目に入った。鮮やかな色の表面を清水が流れていく。何故か戻って、夢中で流れる水を撮り始めた。

この日に限って、シャッターを押す瞬間にズームリングを回したり、デジカメならではの遊びに興じていた。再生して、その効果を楽しんでいると、一枚の写真に目が止まった。

その中には「微笑む顔」が写っている。それがこの写真。


改めて見てみると、確かに微笑んでいるように見える。子どもの時、大坂万博で見た「太陽の塔」

の笑顔によく似ている。

『おいおい、君が僕を呼び止めたのかい?』

もちろん返答があるはずはない。多くの観光客が蒼滝を訪れても、この「微笑み石」に気が付く人はいないだろう。今日も静かな自然の中、誰に出もなくニコニコと微笑み続けているのだろう。

0 件のコメント: